ブラックバーン・ローバーズ

<ウェブサイト名>

<現在の時刻>

出典: 標準

食マネジメント学部 MENU 学部コンセプト 学部長メッセージ 学部の特長 食を学ぶとは 学びの特長 連携機関 施設・設備 学部ポリシー&外部評価 学部パンフレット  教育内容 学べること カリキュラム 共同プログラム 海外プログラム 学生活動 学生インタビュー 正課・課外活動 教員紹介 卒業後の進路 卒業後の進路 内定者の声 入試・学費について 食マネジメント学部 関連書籍 交通アクセス お問い合わせ English Site 立命館大学 食マネジメント学会 立命館大学 食総合研究センター 正課・課外活動 12.08 正課 2023 小沢ゼミで甲賀市農業振興課の方に甲賀市のお茶についてお話しいただきました 2023年12月5日の小沢ゼミで、甲賀市の農業振興課から3人の方に来ていただき、甲賀市で生産されているお茶について学ぶ機会がありました。甲賀市は、朝宮と土山という二つのお茶の産地を持っており、滋賀県で最も生産量の多い地域となっています。また併せて、品評会でも入選するお茶を生産するなど、質が良いことでも知られています。今回のお茶の教室については、実際に煎茶を入れて飲む機会と、ほうじ茶の作り方について理解をする機会がありました。学生の感想として、煎茶については、ペットボトルのお茶と、やっぱり全く違う、という話や、甘くて香りがよく美味しい、と言った感想がありました。お茶の葉からお茶を淹れようとすると、急須が必要となりますが、ほとんどの学生は急須をもっておらず、お茶を淹れる機会もほぼないようでした。 実際にお茶のおいしさや生産方法について気づく機会を得たことで、滋賀県の産品や今後の日本茶の可能性についても改めて気づく機会となりました。--> 2023年12月5日の小沢ゼミで、甲賀市の農業振興課から3人の方に来ていただき、甲賀市で生産されているお茶について学ぶ機会がありました。甲賀市は、朝宮と土山という二つのお茶の産地を持っており、滋賀県で最も生産量の多い地域となっています。また併せて、品評会でも入選するお茶を生産するなど、質が良いことでも知られています。今回のお茶の教室については、実際に煎茶を入れて飲む機会と、ほうじ茶の作り方について理解をする機会がありました。学生の感想として、煎茶については、ペットボトルのお茶と、やっぱり全く違う、という話や、甘くて香りがよく美味しい、と言った感想がありました。お茶の葉からお茶を淹れようとすると、急須が必要となりますが、ほとんどの学生は急須をもっておらず、お茶を淹れる機会もほぼないようでした。 実際にお茶のおいしさや生産方法について気づく機会を得たことで、滋賀県の産品や今後の日本茶の可能性についても改めて気づく機会となりました。 BACK LET'S SHARE サイトマップを開く トップページ 学部コンセプト 学部長メッセージ 学部の特長 食を学ぶとは 学びの特長 連携機関 施設・設備 学部ポリシー 教育内容 学べること カリキュラム 共同プログラム 海外プログラム 学生活動 学生インタビュー 正課・課外活動 教員紹介 卒業後の進路 卒業後の進路 内定者の声 入試・学費について 食マネジメント学部 関連書籍 交通アクセス お問い合わせ English Site 大学院 食マネジメント研究科 食マネジメント学部公式YouTube 食マネジメント学部 世界をおいしく、おもしろく。 Beyond Borders of サイトポリシー プライバシーポリシー © Ritsumeikan Univ. All rights reserved.

オンラインカジノ攻略法 ジョージプロモーション ガエルモンフィス おーあいおーあい
Copyright ©ブラックバーン・ローバーズ The Paper All rights reserved.