<ウェブサイト名>

<現在の時刻>

出典: 標準

 愛知医科大学メディカルセンター English 交通アクセス フロアマップ サイト内検索 医療関係者の方 外来のご案内 外来のご案内 初診の方 再診の方 外来担当医表 スタッフ一覧 救急診療 発熱外来 新型コロナウイルス後遺症外来 入院のご案内 入院のご案内 入院までの流れ 入院費用のご案内 入院生活について 面会・お見舞いのご案内 無線LAN(Wi-Fi)接続サービス 治療に当たりご協力いただきたいこと 診療部門のご案内 診療部門のご案内 診療科 部門紹介 センター 病院のご案内 病院のご案内 病院長あいさつ 理念 病院概要 沿革 施設基準の紹介 施設のご案内 院内フォトグラフ 無線LAN(Wi-Fi)接続サービス 病院広報誌ひいらぎ 輸血を拒否する患者さんに関する当院の治療方針 医学系研究の情報公開 愛知医科大学メディカルセンター 外来のご案内 入院のご案内 診療部門のご案内 病院のご案内 お知らせ一覧 フロアマップ サイトマップ English 0564-66-2811(代表) HOME 診療部門のご案内 形成外科 形成外科 HOME 診療部門のご案内 形成外科 --> 主な対象疾患 医師紹介 外来担当医表はこちらスタッフ一覧はこちら 概要 ケガ・やけど,腫瘍などや生まれつきの原因で,顔,手足,身体などの形に異常が生じた場合に,できる限り正常な状態に近づける治療を行います。具体的な対象疾患は下の欄をご覧ください。形・外貌やそれに関わる機能を改善することで患者さんが暮らしやすくなることが治療の目標です。治療方法は手術が中心になりますが,レーザー治療や薬物治療など様々な治療法の中から最適なものを選んで用います。扱う範囲が全身に及ぶことから,他の科と連携して診療にあたることも多いです。 今のところ、愛知医科大学メディカルセンターでは手術やレーザー治療などができる体制にはなっていないため、外来での診察によって疾患の診断を行ったり、治療方針を相談したり、治療後の経過を観察したりといった診療内容となります。手術などの実際の治療は本院やその他の関連施設で行います。 診療部門からのごあいさつ 形成外科は身体の形に関わること全てを扱う科です。形と機能は密接な関係を持っており、形を整えることは機能を回復することにつながります。形に影響を及ぼす疾患には様々なものがあり、患者さんごとに悩みは様々です。当科では一人ひとりの患者さんの悩みに寄り添うような診療を心がけています。 愛知医科大学病院 形成外科の詳細はこちら  主な対象疾患 先天性体表奇形(唇裂、口蓋裂、小耳症、耳介変形、漏斗胸など) 外傷(顔面軟部損傷、顔面骨骨折など) 腫瘍(皮膚良性腫瘍(粉瘤など)、皮膚悪性腫瘍(皮膚癌)、軟部腫瘍(脂肪腫など)など アザ(色素性母斑、苺状血管腫、太田母斑、蒙古斑、扁平母斑、ホクロなど) 後天性欠損(手術後の変形の再建(乳癌の手術後の乳房再建など)、外傷による変形の再建など) 熱傷(やけどの治療、重傷例の救命、深いやけどの手術など) 瘢痕・瘢痕拘縮(熱傷やケガによる傷跡、ひきつれ、ケロイドなど) 皮膚潰瘍(放射線障害、褥瘡(床ずれ)など) 手の外科(多指症・合指症などの先天異常、切断指の再接着、皮膚や神経損傷の修復など) その他の変形(顔面神経麻痺、顔面片側萎縮症、腱膜性眼瞼下垂) 医師紹介 医師 田中 真美(非常勤) 専門分野:形成外科一般、乳房再建、眼瞼下垂、リンパ浮腫 専門医等: 日本形成外科学会専門医 形成外科領域指導医 日本形成外科学会再建・マイクロサージャリー分野指導医 日本形成外科学会小児形成外科分野指導医 日本形成外科学会レーザー分野指導医 日本乳がん検診精度管理中央機構検診マンモグラフィー読影認定医 日本乳房オンコプラスティックサージャリー学会乳房再建用エキスパンダー・インプラント責任医師 緩和ケア研修会修了 サイトポリシー 個人情報に関する取り扱いについて サイトマップ 〒444-2148 岡崎市仁木町字川越17番地33 0564-66-2811 検索 交通アクセス メニュー (c) 2023 Aichi Medical University Page Navi

優雅堂入金不要 ステークカジノ解説決定版!【限定2500円入金不要】登録 ... エデンアザールなぜ ライブカジノおすすめ総合ランキング【5選】2024年3月最新
Copyright © The Paper All rights reserved.